U24代表・横内監督、強豪アルゼンチンと熱戦の久保を評価 「いいプレーを見せてくれた」

U-24日本代表の横内昭展監督【写真:Getty Images】
U-24日本代表の横内昭展監督【写真:Getty Images】

U-24日本代表はU-24アルゼンチン代表に0-1で惜敗 久保&三笘でゴール割れず

 東京五輪世代のU-24日本代表は26日、東京スタジアムで行われた国際親善試合・U-24アルゼンチン代表戦で0-1と惜敗した。先発メンバーに名を連ねたMF久保建英(ヘタフェ)とMF三笘薫(川崎フロンターレ)が“初共演”した一戦。強度の高いアルゼンチン相手に苦戦し、好ゲームながらもあと1歩及ばなかった。

 立ち上がりから攻守において組織的な連係を見せる南米の強豪に手を焼いた。前半8分にはゴール前まで攻め込まれ、MFフェルナンド・バレンスエラにゴール前でヘディングシュートを許したが、クロスバーに弾かれて事なきを得た。それでも徐々に日本もペースを掴み直し、ほぼ互角の展開で試合が進んだ。クロスバーにも助けられながら失点を免れていた日本だったが同21分、ロングボールを収めたMFマティアス・バルガスにDF板倉滉(フローニンゲン)が体をぶつけながらも右サイドを突破され、中央へのふわりとしたクロスをFWアドルフォ・ガイチにヘディングで決められた。

 1-0で折り返した後半、日本も徐々に押し込む時間帯が増える。同25分には三笘に代わって途中出場したMF相馬勇紀(名古屋グランパス)のドリブル突破から久保につなぎ、中央のFW田川亨介(FC東京)に渡るが打ちきれず。1点が遠かった。

 A代表を率いる森保一監督に代わって指揮をった横内昭展監督は、南米1位予選通過の強豪との熱戦を振り返った。

「思っていた通りに激しくボール際きたしかなりプレス掛けられて少し慌てた部分もあったけど、時間とともに自分たちのリズムになったが、前半の1点が重くのしかかった。(久保は)しっかりボール受けて引き出しながら前線で絡みながらいいプレーを見せてくれた。(次の2戦目まで)日にちはないけどもう一度コンディションを整えて臨みたい」

 次は中2日で再びアルゼンチンと戦う。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング