U-24日本代表、久保&三笘ら先発も前半沈黙 強豪アルゼンチンに0-1とリード許す

前半は1点を先制される厳しい展開【写真:Getty Images】
前半は1点を先制される厳しい展開【写真:Getty Images】

クロスバーに二度救われるもFWガイチにヘディング弾を決められる

 今夏の東京五輪を目指すU-24日本代表は26日、U-24アルゼンチン代表との国際親善試合に臨み、前半を0-1で折り返した。

 今回のアルゼンチンとの2連戦には、前日に行われたA代表の韓国戦(3-0)に出場したDF冨安健洋以外の東京五輪世代の主力メンバーが集結。2列目の中央にMF久保建英が入り、右にMF三好康児。左サイドはサイドバックにDF旗手怜央、サイドハーフにMF三笘薫という川崎フロンターレのコンビが入った。

 立ち上がりからパワーのある試合を展開するアルゼンチンに手を焼いた。前半8分にはゴール前まで攻め込まれ、MFフェルナンド・バレンスエラにゴール前でヘディングシュートを許したが、クロスバーに弾かれて事なきを得た。それでも徐々に日本もペースを掴み直し、ほぼ互角の展開で試合が進んだ。

 狭い中でつなぐ技術を見せるアルゼンチンは、同18分にも再びバレンスエラが抜け出すと左足シュートをゴール前で放ったが、再びクロスバーに当たり日本は失点を免れた。しかし同21分、ロングボールを収めたMFマティアス・バルガスがDF板倉滉に体をぶつけながら右サイドを突破し、中央へのふわりとしたクロスをFWアドルフォ・ガイチにヘディングで決められ、0-1とビハインドを背負った。

 日本は相手ゴール前へなかなか入り込ませてもらえないなか、久保のFKやFW田川亨介のミドルでゴールを狙ったものの無得点で前半を終了。後半に逆転劇を見せられるかが注目される。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング