南野ともう1人は? リバプールへの“急襲”に英注目「人気下落のデュオを…」

リバプールからサウサンプトンへ期限移籍中のMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールからサウサンプトンへ期限移籍中のMF南野拓実【写真:Getty Images】

セビージャが南野とシャキリのダブル獲得を画策か 「ほぼ傘下に置かれる」

 日本代表MF南野拓実は今冬の移籍市場でリバプールからサウサンプトンへと期限付き移籍している。新天地ですでに2ゴールを決めており、今季終了後に出戻りする予定にあるが、英メディアは「セビージャは人気下落のリバプールデュオの引き抜きを画策」と見出しを打ち、南野を含めたリバプール2選手の移籍の可能性に言及している。

 南野は今季リバプールで勝負の2シーズン目を迎え、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまり、アタッカー陣の序列が転落。そんななか、今冬の移籍市場最終日にサウサンプトンへの期限付き移籍が決定した。

 新天地では第23節ニューカッスル戦(2-3)で先発しデビューを果たすと、豪快なミドルシュートでいきなり移籍後初ゴールを決める活躍を披露。チームの信頼を一気に掴み取ると、第25節のチェルシー戦(1-1)でも、トップクラスの守備陣を相手に華麗なキックフェイントから得点していた。

 新天地で早くも2ゴールを記録している南野は、今季終了後にリバプールへ出戻る予定となっているが、英メディア「Football365」は「セビージャは2100万ポンド(約31億7000万円)で人気下落のリバプールデュオの引き抜きを画策」と見出しを打ち、セビージャが南野、そしてスイス代表MFジェルダン・シャキリの獲得を目論んでいると取り上げている。

 記事では「セビージャはマージサイドに注意を向けている」とし、「ロペテギの潜在的な急襲で事態は複雑となる可能性がある。それでもなお、リバプールは資金調達のため、今夏にサブメンバーの売却に熱心となり、この攻撃ペアはほぼ傘下に置かれると考えられている」と言及。来季の立場が約束されていない両者の動向に注目が集まりそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング