35歳FW李忠成、下半身トレで圧巻の大腿筋披露 北京五輪代表GK反応「負けん!」

京都サンガでプレーするFW李忠成(写真は昨季のもの)【写真:Noriko NAGANO】
京都サンガでプレーするFW李忠成(写真は昨季のもの)【写真:Noriko NAGANO】

李忠成のトレーニング姿に福島GK山本海人が反応「良い筋肉してるね~」

 J2京都サンガF.C.の元日本代表FW李忠成が、公式インスタグラムを更新。ウェイトトレーニングに励み、鍛え上げられた大腿筋が露になる様子に、同世代のJリーガーから「負けん!」とメッセージが寄せられている。

 2020年から京都へ移籍した李は、昨季はリーグ戦5試合、Jリーグでは15年ぶりにシーズン無得点と悔しい結果に終わった。今季は2月28日の開幕節SC相模原戦(2-0)でスタメン出場し、後半11分までプレー。第2節ではベンチ入りメンバーから外れたが、3月21日に行われる第4節以降でアピールのチャンスをうかがう。

 そのなかで、李はインスタグラムに「35歳どこまでやれるんだ? 同世代の皆々様。やったろうぜ」と綴り、一本の動画を投稿。映像では、ゴムチューブとウェイトを使った下半身のトレーニングに励んでいるが、体の重心を前に傾けた時に太ももの鍛え上げられた筋肉がくっきりと浮き出ている。

 これには、同じ北京五輪のメンバーだったJ3福島ユナイテッドFCに所属する35歳GK山本海人が「良い筋肉してるね~負けん!」と反応。ファンからも「チュン君応援してます!」「今年こそゴールが見たい」といった声が上がっていた。

 飽くなき向上心が、李をどこまでも突き動かす原動力になっていると言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング