「野洲時代を思い出す」 乾貴士、4年前の“止められない”一撃をリーガ公式が再脚光

2017年にエイバルMF乾貴士が決めたゴラッソに注目【写真:Getty Images】
2017年にエイバルMF乾貴士が決めたゴラッソに注目【写真:Getty Images】

4年前のビジャレアル戦で乾が決めたシーズン初ゴールにリーガ公式が再注目

 リーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムがエイバルに所属するMF乾貴士のゴールを回顧した。2017年4月1日のリーグ第29節ビジャレアル戦で挙げたシーズン初ゴールに注目。「ミッションインポッシブル:ストップ」と題して得点シーンを投稿している。

 リーガ公式が再脚光を当てたのは4年前、ビジャレアル戦での一撃だった。2-1でリードした後半32分、乾は相手MFジョナタン・ドス・サントスのコントロールミスに素早く反応して右サイドをドリブルで抜け出すと、相手GKの位置を冷静に見極めて右足シュート。ゴール左上隅に突き刺した。相手DFの追走を振り切り決め切ったシーズン初ゴールは勝利を決定づける追加点となった。

 このゴールをリーガ公式が回顧し、公式インスタグラムに投稿。人気映画「ミッション:インポッシブルシリーズ」になぞらえて、「ミッションインポッシブル:ストップ」と綴り、止められない乾をたとえている。この“ゴラッソ”にファンからは「野洲時代を思い出す」「このシュートいつ見ても最高!!」「長い間夢中になっています」「うっま」など、多くの反響が寄せられた。

 今季は14日に行われた第27節ビジャレアル戦で先発出場したもののハーフタイムで交代。直近では出場時間も限られており、厳しい状況となっているが、再び印象強いゴールを決めることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング