南野、先発出場も見せ場なく途中交代… サウサンプトンは下位対決で痛恨の黒星

サウサンプトンMF南野拓実【写真:AP】
サウサンプトンMF南野拓実【写真:AP】

ブライトンに1-2で敗戦 残留争いを占う直接対決で痛恨の黒星

 サウサンプトンは現地時間14日、プレミアリーグ第28節でブライトンと対戦し、ホームで1-2と敗戦。今季の残留争いを占う重要な下位対決で痛恨の黒星を喫した。日本代表MF南野拓実は先発を飾るも、見せ場のないまま後半20分にピッチを退いている。

 サウサンプトンはリーグ11試合で1勝1分9敗と絶不調に苦しんでおり、順位も14位まで落としている。一方、ブライトンも直近のリーグ5試合で2分3敗と勝利から遠ざかっており、17位と降格圏が目前に。試合前の両者の勝ち点差は「7」となっており、どちらにとっても負けられない一戦となったなか、南野は先発した。

 試合は前半16分、CKを与えると、相手DFルイス・ダンクのヘディング弾で先制点を与えてしまうが、0-1で迎えた前半27分、右サイドからのクロスをDFライアン・バートランドが頭でつなげた際、相手DFの頭での処理が中途半端となり、背後に抜け出したFWチェ・アダムスが豪快なダイレクトボレーを叩き込んで同点とした。

 しかし後半11分、華麗な連携で中央から突破され、MFレアンドロ・トロサールに勝ち越しゴールを奪われる。流れを変えたいサウサンプトンは、同20分に南野を下げ、MFネイサン・レドモンドを投入。それでも状況を打開できないまま1-2で試合終了の瞬間を迎えた。

 サウサンプトンにとってはブライトンとの下位対決で痛恨の黒星。ブライトンに勝ち点「4」差に詰められただけでなく、降格圏の18位フラムとは勝ち点「7」となり、本格的に残留争いへと巻き込まれる格好となった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング