“戦術三笘”!? 川崎の絶好調男、相手翻弄の無双ドリブル&アシストに反響「バケモノ」

柏戦で決勝ゴールをアシストした川崎MF三笘薫【写真:Getty Images】
柏戦で決勝ゴールをアシストした川崎MF三笘薫【写真:Getty Images】

後半35分、対峙した柏DF高橋を置き去りにして、家長の決勝ゴールを演出

 川崎フロンターレは、13日にホームで行われたJ1リーグ第4節で柏レイソルを1-0と下し、開幕5連勝を飾った。元日本代表MF家長昭博が決勝ゴールを挙げたが、それをお膳立てしたMF三笘薫のアシストに称賛の声が集まっている。

 開幕から好調をキープしている三笘は、柏戦はベンチスタート。後半開始からFW長谷川竜也に代わってピッチに立つと、一気に攻撃を活性化する。

 後半4分、敵陣左サイドのタッチライン際をドリブルで前進しタイミングを見計らうと、FWクリスティアーノとDF高橋峻希の間をカットイン。ボールが相手の足に当たって縦方向に流れるも、三笘は高橋に体を当てて吹っ飛ばしキープ。クリスティアーノが追走するなか、ゴールライン際を運んでペナルティーエリア内に侵入し右足アウトでマイナスクロスを通すも、FW旗手怜央のシュートは相手GKの正面をつき、最終的に得点には至らなかった。

 それでも後半35分、再び敵陣左サイドでドリブルを仕掛けると、絶妙なステップで対峙した高橋を置き去りにし、ゴールライン際をえぐると相手がカバーに来たところで右足アウトサイドでゴール前へパス。ワンバウンドの難しいボールに合わせ、家長が抑えの効いたシュートを放ち、決勝点をマークした。

 Jリーグ公式ツイッターで得点シーンの動画が公開されると、「三笘半端ないって」「戦術三笘発動」「三笘はバケモノ」「平然と縦ぶち抜くのやめてもらっていい?」といったコメントが寄せられ、三笘の相変わらずの無双ぶりが話題となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング