G大阪、新たに3試合の中止決定 計8名が新型コロナ陽性判定、J1リーグ6試合延期へ

Jリーグは新たに3試合を開催中止にすると発表した(写真はイメージです)【写真:小林 靖】
Jリーグは新たに3試合を開催中止にすると発表した(写真はイメージです)【写真:小林 靖】

札幌戦、仙台戦、横浜FM戦の開催中止

 Jリーグは10日、選手やスタッフが新型コロナウイルスの陽性判定となっているガンバ大阪について、新たにJ1リーグ第4節から第6節までの3試合を開催中止にすると発表した。

 今回、開催が中止されたのは13日の第4節 北海道コンサドーレ札幌戦(札幌ドーム)、17日の第5節ベガルタ仙台戦(ユアテックスタジアム仙台)、21日の第6節横浜F・マリノス戦(パナソニックスタジアム吹田)の3試合。G大阪の選手・スタッフ計8名が新型コロナウイルス陽性判定となったことを受け、保健所からクラブへの指摘内容に基づき開始中止を決定したという。代替開催日は未定となっている。

 G大阪はすでに3日に前倒し開催される予定だったJ1第11節名古屋グランパス戦と、6日の第2節鹿島アントラーズ戦、10日の第3節大分トリニータ戦が中止となり、チームの活動も休止している。陽性判定者が増加するなか6試合連続の中止となったが、クラブは保健所との連携を図りながら、感染拡大防止のための行動管理を行っていくとしている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング