田中陽子、現地メディアの“今節ベスト11”選出 ウエルバ同僚も称賛「ヨウコがベスト」

ウエルバMF田中陽子【写真:Getty Images】
ウエルバMF田中陽子【写真:Getty Images】

テネリフェ戦で2アシストをマークし、3試合ぶりの勝利に貢献

 スペイン女子1部スポルティング・ウエルバのMF田中陽子は、現地時間7日に行われたホームでのリーグ第21節グラナディージャ・テネリフェ戦(2-1)で2アシストを記録し、3試合ぶりの勝利に貢献した。現地メディアによる“今節のベストイレブン”に選出され、同僚も「ヨウコがベストよ!!!」と称えている。

 3試合連続のスタメン起用となった田中は、左サイドで攻撃を牽引。後半4分、敵陣ペナルティーエリア手前右で相手を背負いながら競り合いを制してヘディングで横に流すと、FWファトゥマタ・カンテが冷静にグラウンダーのシュートを流し込み、ウエルバが先制する。

 さらに後半39分、センターサークル付近でボールを受けた田中がドリブルで持ち上がり、相手を引き付けて右サイドへ展開。FWダニエル・エレーナがペナルティーエリア内右からループ気味の鮮やかなシュートを決め、リードを2点と広げた。

 アディショナルタイムが10分で、1点差に詰め寄られる苦しい展開だったが、ウエルバはなんとか耐えしのいで2-1で3試合ぶりの勝利。勝ち点20とし、暫定13位に浮上している。

 スペインの女子サッカー専門デジタル新聞「Futbolísticas」は、第21節のベストイレブンを独自に選出。3-5-2システムの中盤のアンカーに田中が名を連ね、ウエルバの同僚MFミケラ・ウォルドマンは「YOKO IS THE BEST!!!(ヨウコがベストよ!!!)」と称えている。

 スペイン挑戦2年目、田中はたしかな成長の跡を残している。

「Futbolísticas」が選出した第21節のベストイレブンは以下の通り。

<GK>
エスター・スラストレス(デポルティーボ)

<DF>
ヌリア・ラバーノ(レアル・ソシエダ)
ルシア・ラミレス(セビージャ)
ジュシナラ(レバンテ)

<MF>
田中陽子(ウエルバ)
アマンダ・サンペドロ(アトレティコ・マドリード)
パトリシア・ギハーロ(バルセロナ)

<FW>
ピーニャ(セビージャ)
ルシア・ガルシア(アスレティック・ビルバオ)
アマユール・サリエギ(レアル・ソシエダ)
ジェシカ・マルティネス(レアル・マドリード)

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング