「誰がフロンターレを止めるのか?」 好調・川崎の“無双”に海外注目「対抗馬は…」

川崎はリーグ開幕3連勝で堂々の首位【写真:Getty Images】
川崎はリーグ開幕3連勝で堂々の首位【写真:Getty Images】

川崎はリーグ開幕3連勝「全速力を維持しており、止める相手はまだ出てきていない」

 川崎フロンターレは6日、敵地でのJ1リーグ第2節でベガルタ仙台に5-1と圧勝した。昨季王者が開幕3連勝と幸先の良いスタートを切ったなか、海外メディアは「誰がフロンターレを止めるのか?」と、川崎の対抗馬について言及している。

 2020年シーズンに圧倒的な強さで史上最速優勝を達成した川崎は、昨季限りでクラブの象徴でもある元日本代表MF中村憲剛が現役を引退。それでも、21年シーズン公式戦初戦となる富士ゼロックススーパーカップのガンバ大阪戦を3-2で制すと、開幕節の横浜F・マリノス戦を2-0、第11節分のセレッソ大阪戦を3-2、第2節の仙台戦を5-1で勝利し、リーグ3連勝を飾っている。

 そのなかで、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「誰がフロンターレを止めるのか?」と見出しを打ち、「川崎は全速力を維持しており、止める相手はまだ出てきていない。2020年に破壊的なシーズンを過ごしたドルフィンは、今季4試合で4勝を挙げている」と取り上げている。

 また、「タイトル争いの対抗馬は名古屋グランパスとなっており、強力な守備を示しているが、札幌戦は1-0と苦戦した。鹿島の試合は延期されており、C大阪は大久保嘉人が見事なスタートを切っているが、試合には勝てていない。横浜FMは守備のミスで失点を重ねている」と振り返っている。

 川崎の快進撃を止めるのはどのチームになるのか、海外メディアも熱視線を送っているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング