「彼は後悔している」 南野拓実、フリーでのチャンス逸を海外メディア指摘

サウサンプトンMF南野拓実【写真:AP】
サウサンプトンMF南野拓実【写真:AP】

後半25分、バートランドのクロスに左足で合わせるもシュートは枠を捉えられず

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は、現地時間6日に行われた敵地でのプレミアリーグ第27節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-0)で先発出場。チームはリーグ戦10試合ぶりの白星を飾ったが、故障からの復帰戦で決定機を仕留めきれず、海外メディアも「彼は後悔している」と伝えている。

 2月23日に行われた第18節延期分のリーズ・ユナイテッド戦(0-3)でハムストリングを痛めた南野は、第26節エバートン戦(0-1)を欠場。しかし、すぐに練習に復帰し、今節シェフィールド戦では早くも先発に名を連ねた。

 サウサンプトンは前半32分、獲得したPKをイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズが決めて先制。後半4分には途中出場のFWチェ・アダムスが豪快なボレー弾で追加点を奪う順調な試合運びを見せる。そして、2-0で迎えた同25分に南野に最大の決定機が訪れる。

 左サイドを駆け上がったDFライアン・バートランドがグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだアダムスがスルーを選択。相手DFを引きつけたことで、ゴール前に構えていた南野はフリーでボールを受けたが、左足のダイレクトシュートはわずかにゴール左を逸れてビッグチャンスを仕留めきれなかった。

 米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版は、「逃したーーーーーーーー! 南野はサウサンプトンがリードを広げる絶好のチャンスで、ゴール正面から枠を外し、後悔している」と報じている。

 チームはリーグ戦10試合ぶりの勝利を挙げたとはいえ、復帰戦で巡ってきたチャンスだっただけに、南野としてきっちりと仕留めておきたかったところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング