松井大輔、“1日遅れ”でカズ祝福 過去の肉体美ショット投稿「チームで一番ムキムキ」

サイゴンFCへ移籍をしたMF松井大輔(※写真は横浜FC時代)【写真:高橋 学】
サイゴンFCへ移籍をしたMF松井大輔(※写真は横浜FC時代)【写真:高橋 学】

2月26日にカズが54歳を迎えたなか、過去の2ショットで祝福「遅くなりました」

 J1リーグの横浜FCに所属する“カズ”こと元日本代表FW三浦知良は、2021年シーズンのJリーグ開幕日となった2月26日に54歳の誕生日を迎えた。プロ36年目、若き日と変わらぬ意欲を見せる“キング”をFIFA(国際サッカー連盟)も取り上げていたが、昨季まで同僚だったベトナム1部サイゴンFCの元日本代表MF松井大輔が、公式インスタグラムに過去のカズとの2ショットを投稿し、「カズさんがチームで1番ムキムキ」と綴っている。

 1986年にブラジルのサントスFCとプロ契約を結んだカズ。90年までブラジルでプレーし、その後、日本に帰国して1993年に開幕したJリーグの象徴的な選手として活躍した。セリエAのジェノア、クロアチアのザグレブ、オーストラリアのシドニーFCでもプレーし、2006年からは現在の横浜FCでプレーしている。

 今年1月11日に契約を更新し、プロ36年目のシーズンに挑むことが決まったカズ。2月26日に54歳となったなか、ベトナムで戦う松井は1日遅れで大先輩のバースデーを祝った。

「カズさん お誕生日おめでとうございます。遅くなりました」

 メッセージとともに添えられたのは、松井とカズが海でパドルボードを漕ぐ写真で、「#写真はだいぶ前です」と断わりを入れているとはいえ、当時50歳前後とは思えない鍛えられた腹筋が覗いている。

 ハッシュタグでは、「#年齢なんて関係ない」「#カズさんがチームで1番ムキムキ」と綴ったほか、昨年12月にサイゴンFC移籍が決まった際、「俺も行きたいから早く呼んでくれ」と言ったというカズに対して、「#ベトナムで待ってます」と呼びかけていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング