南野、チェルシー戦の一撃は「氷のように冷静」 英称賛「他のアタッカーであれば…」

サウサンプトンMF南野拓実【写真:AP】
サウサンプトンMF南野拓実【写真:AP】

チェルシーに1-1のドローも南野が先制弾「地球は温暖化するが南野はまだまだクール」

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間20日、プレミアリーグ第25節チェルシー戦(1-1)に先発出場し、貴重な先制点を決めた。英メディアはゴールシーンについて「氷のように冷静」と称賛している。

 2月6日の第23節ニューカッスル戦(2-3)で新天地デビューを飾ると、前半30分に左足の強烈な一撃でいきなり移籍後初ゴールを記録。前節ウォルバーハンプトン戦(1-2)でもリーグ2戦連続で先発出場した。南野は主力として出場機会を掴んでいる一方、チームは6連敗中と泥沼状態のなかで今節のチェルシー戦を迎えた。

 トーマス・トゥヘル監督が就任した新生チェルシーに序盤は主導権を握られ、防戦一方の展開となり、南野も中央でボールを受ける際、相手MFエンゴロ・カンテの激しいチャージに遭い、なかなか思うようなプレーをできずにいた。しかし、前半33分、南野が持ち味を発揮してチェルシー守備陣を打開する。

 中盤でパスを回していたサウサンプトンは、イングランド代表MFネイサン・レドモンドがボールを持ったのを合図に、南野がチェルシー守備陣の隙間に走り込みを見せ、ペナルティーエリア内でスルーパスを受ける。対峙した相手GKに対してキックフェイトでバランスを崩し、そのまま右足アウトサイドで流し込んで先制点を奪った。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「南野はサウサンプトンで新たな命を吹き込まれた」と大々的に取り上げ、先制点を決めた場面を「氷のように冷たい。地球は温暖化するが、南野はまだまだクールだ。他のアタッカーであれば、あの状況でパニックに陥る選手もたくさんいるだろうが、南野は完璧なシナリオを演出した」と称賛を送っている。

 試合は後半9分にサウサンプトンはPKを献上し、同点に追いつかれるも、連敗は「6」でストップ。後半31分に交代した南野は、7試合ぶりの勝ち点獲得に大きく貢献した。新天地デビューから3戦で2ゴールを記録。国内屈指のタレントを誇るチェルシーを相手に、勝ち点1を掴み取る立役者となった。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング