南野、移籍後2ゴール目は”勲章”付き トゥヘル体制のチェルシーから”初ゴール”を奪取

チェルシー戦で今季2点目をマークしたMF南野拓実【写真:AP】
チェルシー戦で今季2点目をマークしたMF南野拓実【写真:AP】

前半33分、絶妙な抜け出しとキックフェイントで先制ゴールを奪取

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は、現地時間20日のプレミアリーグ第25節チェルシー戦に先発出場。前半33分に巧みな抜け出しとフェイントから先制ゴールを奪い、移籍後2点目を奪った。

 4-4-2の左サイドハーフで出場した南野。サウサンプトンは強豪チェルシーに押し込まれる展開が続いたが、前半33分に南野が見せ場を作る。

 中盤でボールを持ったイングランド代表MFネイサン・レドモンドから縦パスを受けると、そのままペナルティーエリア内に侵入。セネガル代表GKエドゥアル・メンディとスペイン代表DFセサル・アスピリクエタを絶妙なキックフェイントで翻弄し、右足アウトサイドのグラウンダーのシュートをゴールに突き刺した。

 南野は2月6日のリーグ第23節ニューカッスル戦(2-3)以来となる移籍後2ゴール目。英データサイト「Whoscored.com」によれば、トーマス・トゥヘル監督新体制となったチェルシーから最初にゴールを奪った選手(チェルシーのシェフィールド・ユナイテッド戦の失点はオウンゴール)になったという。

 プレミアリーグの強豪チェルシー相手にゴールを奪い、インパクトを残した南野。試合は1-0とサウサンプトンがリードして前半を折り返している。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング