ドイツで急成長中の20歳MFアペルカンプ真大 1部昇格へ「創造性を期待されている」

フォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーするMFアペルカンプ真大【写真:Getty Images】
フォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーするMFアペルカンプ真大【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】2部デュッセルドルフで今季14試合に出場、レスラー監督も期待

 昨季17位でブンデスリーガを終え、2部へと降格したフォルトゥナ・デュッセルドルフは、1年で1部に返り咲くことを目標に今季を戦っている。昇格する一番のチャンスは降格初年度。予算規模縮小による人員流出を可能な限り抑え、傷が広がらないうちに一気にまた階段を駆け上る。2部滞在時間が長くなれば長くなるほど、再昇格はどうしても難しくなってしまう。

 だが序盤戦は大苦戦していた。陣容が固まらず、パフォーマンスが安定しない。第9節ではボーフムに0-5と完敗し、順位は12位。昇格どころか、降格の危険性さえ感じさせる雰囲気だった。地元紙からの“攻撃”も厳しい。チームとしてのまとまりがない、攻撃のイメージがない……。ウーベ・レスラー監督ではダメだという論調も多く見受けられた。

 今季からトップチームでプレーし、ここまでリーグ戦14試合に出場している20歳MFアペルカンプ真大も、そのあたりの難しさを感じていた。

「夏に多くの選手がチームを去って、加入してきて、新しいチームだったんですね。チームとして100%ではなかった。プレーにおけるタイミングとか、チームとしての動きが上手くいってなかったんだと思います」

 そんな暗い流れが変わったのは、第10節ダルムシュタット戦だ。試合終了間際にFWダヴィド・コフナツキが決めた逆転ゴールで3-2と久しぶりの勝利を飾ると、この試合から9試合連続負けなし(6勝3分)で上位へと浮上している。

 好調の理由として、それまでは最適な組み合わせやシステムを模索していたチームが、第11節カールスルーエ戦(2-1)からは4-4-2にシステムを固定し、やりたいサッカーが機能してきたこと、そのやり方が浸透してきていることが大きい。そしてアペルカンプはその第10節ダルムシュタット戦から連続でスタメン起用されている。

「監督からは創造性を期待されていると思っています。中盤の選手として、いつも僕は相手が考えていない、思いもつかないプレーをやりたい。いいパス、いい動きで、ゲームをコントロールしたいです。最近は右サイドで起用されていますけど、試合になったら中に入ってプレーしています。監督もそうしたプレーを求めていますし、そうすることで自分のプレーを見せられると思っています。右サイドバックの(マティアス・)ツィンマーマンといい感じでやれています」

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング