南野獲得に「セビージャは全力を尽くす」 売却は「リバプールの敗北」と現地指摘

サウサンプトン日本代表MF南野拓実写真:Getty Images】
サウサンプトン日本代表MF南野拓実写真:Getty Images】

サウサンプトンに期限付き移籍中の南野、強豪セビージャが獲得に興味と報道

 日本代表MF南野拓実は今冬の移籍市場でリバプールからサウサンプトンへと期限付き移籍した。契約は今季限りまでとなっているが、セビージャが完全移籍での獲得を目論んでいると取り沙汰されている。そんななか、現地メディアは「セビージャは南野獲得のために全力を尽くす」「売却は、リバプールにとっての敗北だ」と取り上げている。

 南野は今季リバプールで勝負の2シーズン目を迎え、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまり、アタッカー陣の序列で最下層にまで転落。そんななか、今冬の移籍市場最終日にサウサンプトンへの期限付き移籍が決定した。

 第23節ニューカッスル戦(2-3)で先発し新天地デビューを果たすと、いきなり移籍後初ゴールを決める活躍を披露。第24節ウォルバーハンプトン戦(1-2)でも2戦連続で先発を飾っている。そんななか、スペイン1部の強豪セビージャが南野の獲得を画策していると、同国メディアで報じられた。

この報道を受け、英メディアが反応。「READ EVERYTHING」は「セビージャは南野獲得のために全力を尽くす」と見出しを打ち報じれば、リバプール専門メディア「ROUSING THE KOP」は「800万ポンド(約11億8000万円)の売却は、リバプールにとっての敗北だ」と大々的に取り上げ、わずかな利益ではリバプールにとって得策ではないと指摘。レンタル終了後の復帰が基本線とされているなか、南野の去就動向は今後どのような展開を迎えるだろうか。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング