鎌田の高精度”50mパス”は「センセーショナル」 天才的プレーに賛辞「日本の魔法」

賛辞が送られているフランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
賛辞が送られているフランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

ホッフェンハイム戦のプレーにドイツ紙が注目「強烈なパフォーマンスだった」

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、現地時間7日に行われたブンデスリーガ第20節ホッフェンハイム戦(3-1)で先発出場した。チーム3点目の起点となった高精度の”50mパス”への反響は止まず、ドイツ紙はこの試合でのパフォーマンスに改めて賛辞を送っている。

 鎌田は今季のブンデスリーガで19試合2得点6アシストを記録中。ホッフェンハイム戦で3試合連続となるスタメン出場を果たすと、2-1で迎えた後半19分には自陣右サイドの深い位置でボールを受け、そこから逆サイドにいたMFフィリップ・コスティッチへ約50mのロングパスを供給し、FWアンドレ・シウバのチーム3点目に絡んだ。

 鎌田の閃きとキック精度に対し、地元メディア「ヘッセンシャウ」のシュテファン・ライヒ記者が「フランクフルトのシャツを着たメスト・エジルを目にしたようだ」と賛辞を送るなど、この試合でのパフォーマンスを現地メディアはこぞって称賛。ドイツ紙「ビルト」も、「チームの3点目ではコスティッチに天才的なパスを出した」と評価していたなか、同紙は改めてこの試合でのパフォーマンスに脚光を当て、「日本の魔法がまた花開く」との見出しを打った記事の中で、鎌田のプレーを称えた。

「鎌田大地のようにファンを分断する選手はほとんどいない。彼はしばしば天才と狂気の間を揺れ動くからだ。しかし、ホッフェンハイムでの勝利の後、彼らは久しぶりに同意した。あれは強烈なパフォーマンスだった。日本人は最初の1分からゲームに参加し、多くのボールを奪い、タックルの大半を獲得し、創造的な支柱となった」

 3点目の起点となった高精度の”50mパス”に対しては「センセーショナル」と評し、アディ・ヒュッター監督の「彼はボールを支配し、決闘では凶暴だった。創造的な選手で、時には天才的な才能を発揮して差をつけることができる」とのコメントを添えつつ、ホッフェンハイム戦でのプレーぶりを振り返った。

 今季も攻撃陣の柱の1人として期待される鎌田。十分なポテンシャルを秘めた日本人アタッカーの能力に、現地メディアも熱視線を注いでいた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング