久保はレアルにとって「問題となった?」 海外メディア指摘「全く効果的でなかった」

インパクトを残せなかったヘタフェの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
インパクトを残せなかったヘタフェの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

保有元のレアルに0-2敗戦、久保は後半10分から途中出場もインパクト残せず

 ヘタフェは現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第1節延期分でレアル・マドリードと対戦し、敵地で0-2の敗戦を喫した。日本代表MF久保建英は保有元との対戦となったが、5試合ぶりのベンチスタート。後半10分から途中出場するも、見せ場なく終わった。レアル専門メディアは久保について「保有元にとって問題となったのか?」と取り上げている。

 今季開幕前にレアルからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得られず、1月8日にレンタル打ち切りが決定。同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場から新天地デビューを果たすと、その後は4試合連続で先発出場していた。

 しかし、チームが直近3試合で1分2敗と不振に陥っており、スタメン出場の久保も守備に追われ低調なパフォーマンスに終始していた。今節レアル戦は久保にとって保有元との対戦となったが、5試合ぶりのベンチスタート。後半10分に“3枚替え”の1人として途中投入されるも、チームは同15分、21分と立て続けに失点を喫し、0-2で敗れた。

 レアル専門メディア「MANAGING MADRID」は、「久保は保有元にとって問題となったのか?」と取り上げ、「この試合では先発せず、55分に途中出場した。しかし、全く効果的ではなかった。ボールタッチは16回だけ。調子は万全ではなかったが、彼にもっと多くが期待されていたのは確かだ。レアルとの対戦は4度目だが、結果はまちまちだ」と指摘している。

 久保はマジョルカ時代に2度、ビジャレアル時代に1度、そして今回のヘタフェで計4度、保有元のレアル戦に出場しているが、マジョルカでの対戦以降はインパクトを残せていないのが実情だ。レアル専門メディアも対戦相手ながら、思うようなプレーを見せていない久保の現状を危惧している様子だった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング