南野は「世界に思い出させる必要がある」 “逆襲”に現地期待「盲目的希望ではない」

重要なポイントは「南野とハーゼンヒュットルの戦術的な相関関係」

 重要なポイントとして「南野と(ラルフ・)ハーゼンヒュットルの戦術的な相関関係」を挙げているが、今季のサウサンプトンはリバプールよりも累計のハイプレス回数が上回っているデータを紹介し、「南野は羨ましいほどの戦術的教育のステップを踏んだ」と主張している。

 一方、サウサンプトンは現地時間2日に行われたプレミアリーグ第22節マンチェスター・ユナイテッド戦で0-9と歴史的な大惨敗を喫し、泥沼のリーグ4連敗。さらに、その4試合でわずか1ゴールと深刻な得点力不足に陥っている。厳しいチーム状況のなかで南野は加入することになるが、起爆剤として活躍し、来季のリバプール復帰に向けてアピールしたいところだ。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング