「漫画のようなボールタッチ」 初先発の久保をスペイン紙称賛「ヘタフェを復活させる」

移籍後初スタメンとなったヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】
移籍後初スタメンとなったヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】

ウエスカ戦でヘタフェ移籍後初スタメン、1-0勝利に貢献「純粋なシルク」

 ヘタフェは現地時間20日、リーガ・エスパニョーラ第19節でウエスカと対戦し、1-0で勝利を収めた。日本代表MF久保建英は右サイドで移籍後初先発を飾り、2連勝に貢献。スペイン大手紙は「久保とアレニャがヘタフェを復活させる」と見出しを打ち、「久保は漫画のような繊細なボールタッチを備えてヘタフェにやってきた」と、その技術力に称賛の言葉を送っている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 今季開幕前に強豪ビジャレアルに期限付き移籍した久保だったが、思うように出場機会を得ることができず、今月8日に契約の打ち切りが決定。同時にヘタフェへの期限付き移籍が発表された。前節エルチェ戦(3-1)では、合流直後の記録的大雪の影響もあり、一度も練習に合流できないまま途中出場でデビューを果たしたが、2ゴールに絡む活躍を披露した。

 ホームで開催された今節ウエスカ戦では、右サイドハーフで移籍後初先発。ウエスカFW岡崎慎司はベンチスタートとなったため、試合開始時からの“日本人対決”は実現しなかったが、久保は前半18分にペナルティーエリア手前の右寄りで獲得したFKの場面でキッカーを託される。強烈な左足の一振りは枠を捉えるも、相手GKに弾き出された。

 ウエスカの守備を崩せず苦戦を強いられたヘタフェだったが、0-0で迎えた後半24分、バルセロナから期限付き移籍中のMFカルレス・アレニャのスルーパスに抜け出したMFマウロ・アランバリが流し込んで先制点を奪った。同34分に岡崎が投入されたが、直後の同35分に久保がピッチを退いたため、日本人対決はわずか1分間に終わるも、試合はヘタフェが逃げ切り、今季初の2連勝を飾った。

 スペイン紙「マルカ」は「久保とアレニャがヘタフェを復活させる」と見出しを打ち、「この日本人と元バルセロナ選手の到着により、幻想が増大した。久保は漫画のような繊細なボールタッチを備えてヘタフェにやってきた。まさしく純粋なシルクだ」と称賛し、「久保とアレニャの加入は間違いなく新鮮な空気を取り込む息吹となった」と低調だったチームの起爆剤になっていると太鼓判を押していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング