日本の“天才”小野伸二は「まだ死んでいない」 41歳でのJ1参戦に韓国メディアも熱視線

札幌へ復帰した元日本代表MF小野伸二【写真:Getty Images】
札幌へ復帰した元日本代表MF小野伸二【写真:Getty Images】

今季札幌に復帰「韓国内のファンにもよく知られた日本サッカーのレジェンド」

 元日本代表MF小野伸二は、今季からJ1北海道コンサドーレ札幌で再びプレーすることになった。2019年8月に同クラブを退団後、約1年半ぶりの復帰となったが、41歳にしてのJ1参戦に韓国メディアも注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、「“まだ死んでいない”イ・ドングクと同年代の日本のレジェンド、今年もプレー」と見出しを打ち、小野のJ1再挑戦にスポットを当てた。

「札幌は小野が2014年から2019年までプレーしたチームだ。小野は1998年フランス・ワールドカップ(W杯)に日本の選手としては歴代最年少の18歳272日で出場する記録を打ち立て、エリートコースを歩んできた。引退したイ・ドングクも小野と同じく、フランスW杯で代表チームの最年少として世界の舞台に立った。そのため、小野は当時から韓国内のファンにもよく知られた日本サッカーのレジェンドだ」

「Kリーグの生きる伝説」と言われたイ・ドングクは、昨シーズンを最後に23年間の現役生活から退くことを表明。一方で、韓国でも有名な小野だが、選手生命はそう長くはないと思われていたところ、再びJ1の札幌から声がかかった。

 韓国のサッカーファンも“天才”と言われた小野のプレーだけでなく、オランダ(フェイエノールト)やドイツ(ボーフム)など欧州での実績もよく知られている。

 最近、韓国では今年2月で54歳となる“カズ”こと元日本代表FW三浦知良(横浜FC)の契約更新がニュースになることも多く、長く現役を続ける選手にスポットライトが当たっている。41歳の小野も同様で、この先どのようなプレーでチームに影響を与えていくのか、韓国サッカー界も注目しているようだ。

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page 1/1

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」