「後悔させません」 日本代表DF西大伍、浦和移籍は即決「迷わなかった」

神戸から浦和に移籍したDF西大伍【写真提供:ⒸURAWA REDS】
神戸から浦和に移籍したDF西大伍【写真提供:ⒸURAWA REDS】

神戸から移籍した西大伍、元同僚の興梠と話しつつも浦和行きをすぐに決断

 浦和レッズは18日に新加入選手会見を行い、ヴィッセル神戸から加入した日本代表DF西大伍は「声を掛けてもらった時に、特に迷わず決めた」と、移籍を即決したことを明かした。

 西はコンサドーレ札幌(当時)でデビューし、アルビレックス新潟への期限付き移籍を経て、鹿島アントラーズでプレー。そして、神戸では2年間プレーした。常に浦和とは対戦相手の関係であり、鹿島時代にはチャンピオンシップ(当時)や天皇杯といったタイトルを争うゲームでもしのぎを削った。

 それだけに「対戦回数が多い選手ばかりだけれども、興梠(慎三)、槙野(智章)、宇賀神(友弥)は左サイドと右サイドで対戦機会が多く、いつも集中の切れない選手だと思ってやっていた。武藤(雄樹)選手にも結構やられていますね」と、対戦相手としての浦和主力の名前がスラスラと出てくる。

 一方で、その浦和からのオファーに「声を掛けてもらった時に、特に迷わず決めた。楽しそうだと思った。興梠とは少し話したけど、決めたのは自分で迷わなかった」と、鹿島時代に2シーズン同僚だった興梠と少しのコミュニケーションはあったものの、即決だったことを明かした。

 新シーズンに向けての浦和は大幅な選手の入れ替えとなったが、フィールドプレーヤーでJ1での実績が豊富なのは西のみだと言っていい。記者会見に同席した西野努テクニカルダイレクターは、「右サイドだけというより、サッカーのことを深く知ってくれている選手。一つだけのシステムだけでないと考えられるなか、すべてのポジションに共通するサッカーIQの高い選手」と、その評価を話した。

 すでに今季着用するユニフォームの販売がスタートしているが、第一次販売では背番号「8」は3位の売り上げと期待が大きい。それだけに西は「あまりまだ慣れないけど、似合ってますか? すでにユニフォームの人気が3番目と聞いたので、今年の1番を目指そうかなと。後悔させませんと言いたいです」と、その思いを受け止めている。

 今季からリカルド・ロドリゲス監督が指揮するチームのなかで、必ずしも右サイドバックに起用法は限られないと予想される。「サイドバックであれば、ビルドアップの出口になること。まだ何を求められるかは分からないけれども、求められたことはできると思うし、やりたい」と、自信を見せる存在は世代交代も進めようとしている浦和に新しい風を吹かせそうな気配だ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド