磐田は「エキゾチックな目的地」 新加入の助っ人Jリーガーに海外注目「主役となるために…」

磐田への加入が内定したアトレティコ・ナシオナルFWファビアン・ゴンザレス【写真:Getty Images】
磐田への加入が内定したアトレティコ・ナシオナルFWファビアン・ゴンザレス【写真:Getty Images】

加入内定のコロンビア人FWファビアン・ゴンザレスに母国メディアが脚光

 ジュビロ磐田は15日、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)からコロンビア人FWファビアン・ゴンザレスを完全移籍で加入することが内定したと発表した。新たな得点源として期待が寄せられるなか、海外メディアは「ファビアン・ゴンザレスの新天地はエキゾチックな目的地」と見出しを打って取り上げている。

 2019年シーズンにクラブ史上2度目のJ2降格の憂き目に遭った磐田は、20年シーズンは6位に終わり1年でのJ1復帰を逃した。新シーズンに改めて昇格を目指すなか、元日本代表MF遠藤保仁のレンタル契約を延長し、横浜F・マリノスから同FW大津祐樹を獲得するなど、積極的な補強に乗り出している。

 磐田は新外国籍選手としてファビアン・ゴンザレスの完全移籍での獲得が内定したと発表し、新たな得点源を確保した。そんななか、コロンビアメディア「Futbolred」は「ファビアン・ゴンザレスの新天地はエキゾチックな目的地」と見出しを打ち、「外国で新しいサッカーに触れる」と取り上げている。

 28歳のファビアン・ゴンザレスは昨年から母国コロンビアの名門アトレティコ・ナシオナルでプレー。公式戦18試合出場で2ゴールにとどまっているが、記事では「再び試合で主役となるために、エキゾチックな目的地に到着した」と綴り、Jリーグで旋風を巻き起こすことを目指していると紹介している。

「ジュビロ磐田に加入することができて非常に幸せです」とクラブを通じて声明を発表したコロンビア人アタッカーは、J1昇格を狙う磐田で主役となれるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング