「タクミは認めた」 南野と香川の関係性に英紙注目「リバプールの感情とマンUの刺激が混合」

リバプールMF南野とユナイテッドで活躍したMF香川【写真:Getty Images】
リバプールMF南野とユナイテッドで活躍したMF香川【写真:Getty Images】

南野がインタビューで香川について言及「マンUの香川さんをテレビ越しで見ていた」

 リバプールは現地時間17日、プレミアリーグ第19節でマンチェスター・ユナイテッドとの対戦を控えている。1月16日に26歳の誕生日を迎えた日本代表MF南野拓実はクラブ公式のマッチデープログラムに登場。英地元紙は「タクミ・ミナミノはリバプールの感情とユナイテッドの刺激が混合していると認めた」と見出しを打ち、ユナイテッドでプレーしたMF香川真司の存在がリバプール加入のきっかけとなったことを指摘している。

 2019年12月19日にリバプール移籍が決定した南野は、世界屈指のタレント軍団での出場機会の確保に苦戦を強いられているが、ちょうど1年後の20年12月19日に行われたリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録した。今月16日に26歳の誕生日を迎えたなか、“ナショナル・ダービー”のマッチデープログラムに登場している。

 英地元紙「リバプール・エコー」は「タクミ・ミナミノはリバプールの感情とユナイテッドの刺激が混合していると認めた」と見出しを打ち、マッチデープログラムのインタビューを紹介。リバプール加入のきっかけとして、香川とユナイテッドの存在があったことを南野は明かしている。

「ユナイテッドでプレーした香川真司さんに刺激を受けた。その理由は、香川さんが在籍していたセレッソ大阪で、僕自身もプレーしていたから。日本にいた頃、僕はユナイテッドでプレーする香川さんをテレビ越しに見ていた。そして、僕は自分がプレミアリーグでプレーする姿にイメージを馳せていた」

 南野は2013年にC大阪のトップチームに昇格したため、10年にドルトムントへと移籍した香川とはクラブで共闘することはなかったが、C大阪のユースで育った南野にとって香川は憧憬の存在であることからも、香川がユナイテッドでプレーした姿は大きな刺激となり、その後のプレミア参入という目標のきっかけとなったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング