「エメリは何をしていた?」 久保建英、ヘタフェ移籍後の”飛躍的活躍”に韓国メディア興味津々

エルチェ戦で2得点に絡むプレーを見せたMF久保建英【写真:Getty Images】
エルチェ戦で2得点に絡むプレーを見せたMF久保建英【写真:Getty Images】

新天地デビュー戦での活躍を受け、ビジャレアル時代の内実に焦点 「久保は悪くなかった」

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦(3-1)で新天地デビューを飾り、2ゴールに絡む働きを見せた。移籍後の活躍を受け、韓国メディアは「エメリは何をしていたのか?」と見出しを打ち、輝きを失っていたビジャレアルでの扱いに焦点を当てている。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍したが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りと同時に、ヘタフェへの期限付き移籍が決定。一度もトレーニングできないままエルチェ戦のメンバーとして帯同していたなか、1-1で迎えた後半19分にぶっつけ本番でデビューの瞬間が訪れた。

 右サイドに配置されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入して放ったシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴール関与する。さらに同39分、久保が右サイドで仕掛けてゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1と勝負を決めた。

 ビジャレアルでは思い通りにならなかった一方、移籍早々に飛躍的な活躍を見せたことを受け、韓国メディア「韓経ドットコム」は「移籍後、久保が大活躍…。”エメリは何をしていたのか?”」と見出しを打ち、ビジャレアル時代の内実にスポットを当てている。同メディアは久保が構想外となった事実などに触れつつ、スペイン紙「マルカ」の記事を引用する形でこう綴っている。

「現地メディアの記事では、『エメリ監督はなぜ久保の使い道を見出せなかったのか」と批判している。マルカ紙は『エメリ監督が久保の使い道を見つけたとしても、久保なしで良いセレクションのラインナップを組むだろう』と伝えている。久保は悪くなかった。一方で、ビジャレアルも4位にいる」

 シーズン開幕から上位に位置するビジャレアルにおいて、多くの出番を得られなかった久保。前所属チームで本領発揮に至らなかった背景に、韓国メディアも注目していた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング