「よく話し合う」 南野が明かしたリバプールで“仲の良いチームメート4人”は?

リバプールMF南野拓実がチームメートについて言及【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実がチームメートについて言及【写真:Getty Images】

26歳になった南野がマッチデープログラムに登場 シャキリやケイタらと話すと説明

 リバプールは現地時間17日、プレミアリーグ第19節で首位マンチェスター・ユナイテッドと対戦する。1月16日に26歳の誕生日を迎えた日本代表MF南野拓実はクラブ公式マッチデープログラムに登場し、加入後に親交を深めたチームメートを明かした。英地元紙「リバプール・エコー」が報じている。

 2019年12月19日にリバプール移籍が決定した南野は、世界屈指のタレント軍団での出場機会の確保に苦戦を強いられながらも、ちょうど1年後の20年12月19日に行われたリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録した。今年1月16日に26歳の誕生日を迎え、“ナショナル・ダービー”のマッチデープログラムに登場している。

 南野はリバプールの中で仲の良いチームメートについて、「イギリスの生活に馴染んできていて、新型コロナで少し難しい状況ではあるが、英語も勉強している。チームの全選手ととても良い友達関係を築けたけど、シャキリ、ナビ・ケイタ、マネ、マティプのようにドイツ語を話せる選手とは、よく話し合っている。たくさんコミュニケーションを取れている」と語った。

 スイス代表MFジェルダン・シャキリ、ギニア代表MFナビ・ケイタ、セネガル代表FWサディオ・マネ、元カメルーン代表DFジョエル・マティプの4人はドイツ語圏のリーグに在籍していた経験を持っていることから、南野にとっては心強い存在であることは間違いないだろう。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング