レアル、久保をヘタフェ移籍強行に現地記者見解 「僕のものだから持っていくとばかりに…」

2ゴールに絡む活躍を見せたヘタフェの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
2ゴールに絡む活躍を見せたヘタフェの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアルで出場機会が見込めないと見るや、ヘタフェへの再レンタルを決定

 スペイン1部ヘタフェに期限付き移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦(3-1)で新天地デビューを飾った。ぶっつけ本番で2ゴールに絡む活躍を見せたなかで、スペイン大手紙記者はコラムで「すべての利益はボルダラスの物になってない」と見解を述べている。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍。しかし、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りの発表と同時にヘタフェへの期限付き移籍が決定した。

 チームに合流したものの、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため一度もトレーニングができないままエルチェ戦の遠征に帯同。そして1-1で迎えた後半19分、久保に出番が回ってきた。

 右サイドに投入されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。

 さらに同39分、久保がゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1とリードを広げ、そのまま逆転勝利を手にした。久保は途中出場のデビュー戦で、いきなり2ゴールに絡むインパクトを残してみせた。

 スペイン紙「マルカ」のアルベルト・R・バルベロ記者は、「KUBO」という見出しでコラムを掲載。レアルの思惑も含めて、持論を記している。

「ここから先、久保は先発となるのか。今回、途中出場したのは加入直後だったのか? ウナイ・エメリと久保の師弟関係になんらかのものがあったのかもしれないが、ビジャレアルにとって悪いことはない。チームは4位で5位より1試合少ない。(エメリ)監督は出場機会が少ないから選手(久保)が新天地を求めたと説明したが、久保が付け加えなかったのは、アルフレッド氏(=レアル・マドリード)が最大限の出場時間を求めていたということ。マドリードは『これは僕のものだから持っていく』とばかりに(ヘタフェ移籍の)話を進めた。久保は新チームに到着したばかりで、すべてが急展開で進んでいるので、すべての利益はボルダラスの物になっていない」

 フィジカルを重視する傾向が強いホセ・ボルダラス監督の下で、自慢のテクニックで存在感を示せるか。久保が新天地でレギュラーとなるうえで、重要なポイントになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング