「This is Kubo!」 ヘタフェ久保の“電撃プレー”にスペイン紙脱帽「日本人の最高の初陣」

ヘタフェでのデビュー戦で2ゴールを演出したMF久保建英【写真:Getty Images】
ヘタフェでのデビュー戦で2ゴールを演出したMF久保建英【写真:Getty Images】

ヘタフェはエルチェに3-1で勝利 新天地デビュー飾った久保は2ゴールに絡む活躍

 ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英は現地時間11日、リーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦に途中出場。新天地デビューを飾り、2ゴールを演出して3-1の逆転勝利に貢献した。久保のセンセーショナルな初陣にスペイン大手紙はこぞって「5分だったが、やってのけた」「This is Kubo!(これぞクボ!)」と取り上げている。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍したが、思うような出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りと同時に、ヘタフェへの期限付き移籍が決定していた。チームに合流したものの、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため一度もトレーニングができないまま今節の遠征に帯同していたなか、出番が回ってきたのは1-1で迎えた後半19分だった。

 右サイドに配置されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。さらに後半39分、久保がゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1とリードを拡げた。

 途中出場のデビュー戦ながら2ゴールに絡む殊勲の活躍を受け、スペインの大手紙もこぞって反応。スペイン紙「マルカ」は「久保がピッチに立ったのは5分だったが、やってのけた。マタのゴールをお膳立てする久保の天才性」と称賛。スペイン紙「AS」も「This is Kubo!(これぞクボ!) 二つの電撃プレーでヘタフェを勝利に導いた」と見出しを打ち、「日本人の最高の初陣」と称え、久保の鮮烈な新天地デビューを祝福していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング