久保が「エキサイティングなデビュー」 ヘタフェ初陣の2ゴール演出を海外称賛「試合を変えた」

ヘタフェでのデビュー戦で2ゴールを演出したMF久保建英【写真:Getty Images】
ヘタフェでのデビュー戦で2ゴールを演出したMF久保建英【写真:Getty Images】

エルチェ戦で“ぶっつけ本番”デビュー、強烈シュートで決勝弾演出&クロスでPK誘発

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は現地時間11日、加入後最初のゲームとなったリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦に後半19分から途中出場し、2ゴールを演出して3-1の逆転勝利に貢献した。チームに4試合ぶりの白星をもたらした活躍を受けて、スペイン地元メディアは「エキサイティングなデビュー」と称えている。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルへ1年間の期限付き移籍を果たすも、思うように出場機会を得られなかったことから今冬の移籍の可能性が急浮上。8日にビジャレアルがレアルとのレンタル打ち切りで合意したことを発表し、同時にヘタフェへの今季終了までの期限付き移籍も決定した。

 チームに合流した久保だったが、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため一度もトレーニングができず、試合も1日順延となったが遠征に帯同。背番号5をつけてベンチ入りした。

 下位に低迷する両者の試合は前半を1-1で折り返すと、後半7分に試合の分岐点となるワンシーンが生まれる。久保と同じく今冬の移籍市場でバルセロナからヘタフェに期限付き移籍したMFカルレス・アレニャを、エルチェMFイバン・マルコーネが倒してこの日2枚目のイエローカードで退場。ヘタフェが数的優位に立ったなか、ホセ・ボルダラス監督が動き、同19分に合流したばかりの久保をMFネマニャ・マクシモビッチに代えてピッチに投入した。

 右サイドに入った久保はいきなり魅せる。同24分、右サイドのペナルティーエリア手前でボールを受けると、ドリブルで仕掛けながらペナルティーエリア内に侵入。わずかなシュートコースを見つけて左足を振り抜くと、強烈なシュートが相手GKエドガル・バディアを襲い、弾いたところをFWハイメ・マタがプッシュして2-1と勝ち越した。

 久保は同32分には、ペナルティーエリア内でアレニャからのパスを受けるもシュートを打ち切れず。同39分には久保のクロスからエリア内でFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1とした。

 久保投入から2ゴールが生まれて勝利したことを受けて、スペイン紙「AS」はヘタフェ選手の評価記事で「日本人は最初の介入で決勝点を演出した」と綴ると、久保については「右ウイングでエキサイティングなデビュー」と称えた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング