南野、決勝弾をアシストも… 英紙はこぞって低評価「チャンスを逃した」「存在感は皆無」

リバプール日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプール日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはFAカップ3回戦でアストン・ビラに4-1と快勝 先発出場の南野は決勝点をアシスト

 リバプールは現地時間8日、FAカップ3回戦でアストン・ビラと対戦し、4-1で勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は3トップの一角で先発出場し、勝ち越しゴールのアシストを記録したが、英メディアはこぞって南野に低評価を下し、「効果的ではなかった」「存在感は皆無だった」と指摘している。

 今季もプレミアリーグで首位に君臨しているリバプールだが、直近の3試合では2分1敗と勝ち星なく急ブレーキを強いられている。一方、アストン・ビラは新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響で、主力選手の多くが離脱。試合延期も打診されていたが、日程面に余裕がないため開催されることになった。

 ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを温存し、南野が3トップの一角に起用された一戦では、前半4分にセネガル代表FWサディオ・マネのヘディング弾で幸先良く先制点を奪うも、同41分に一瞬の隙を突かれて同点弾を許し、前半を折り返す。それでも後半15分に南野が勝ち越しゴールの起点となる。

 エジプト代表FWモハメド・サラーが右サイドからボールを送り、ペナルティーエリア内で受けた南野が、相手守備陣を引きつけるポストプレーからマイナスにラストパスを供給。構えていたオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがダイレクトでゴール右隅に流し込んで追加点を奪った。

 南野は直後に交代したが、勢いに乗ったリバプールは後半18分にマネ、同20分にサラーがネットを揺らし、4-1の快勝となった。英紙「デイリー・エクスプレス」はアストン・ビラ戦に出場した選手を10点満点で採点を付けており、アシストを記録した南野は4点の低評価に。「彼のラストタッチはワイナルドゥムのゴールの起点となったが、それを除けば、効果的ではなく、リーグ戦参入への後押しにはならなかった」と指摘している。

 また、英地元紙「リバプール・エコー」は「チアゴは即座にインパクトを与えたが、南野はチャンスを逃した」と見出しを打ち、南野に最低評価タイとなる4点を付け、「前半はほとんど試合に関与せず、存在感は皆無だった。後半は少しだけ改善された」と綴っている。目に見える結果を残したのは収穫となった一方、課題も浮き彫りとなったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング