ビジャレアル、“レンタル期間打ち切り”の久保建英に惜別声明 「キャリアの幸運を祈っている」

ビジャレアルからヘタフェ行きが決まったMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルからヘタフェ行きが決まったMF久保建英【写真:Getty Images】

エメリ監督の下で出場機会を失い、ヘタフェへの“再レンタル”が決定

 ビジャレアルは現地時間8日、日本代表MF久保建英のレンタル期間終了で保有権を持つレアル・マドリードと合意したことを発表。同日に同じスペイン1部ヘタフェへの期限付き移籍が決まり、「キャリアの幸運を祈っている」とメッセージを送った。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルへ1年間の期限付き移籍。途中出場がメインながら開幕からコンスタントにピッチに立っていたものの、第14節から16節まで3試合連続で出番なし。そして、2021年最初の試合となったレバンテ戦で今季初のメンバー外となった。

 再レンタルの可能性が指摘されていたなか、ビジャレアルを率いるウナイ・エメリ監督は「プレー機会が少なく、彼はプレーする必要があると考えている」と、久保が移籍を希望していると明かしていた。

 久保は現地時間5日に行われるスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)2回戦サモラ戦も招集外。8日にビジャレアルはレアルとレンタル打ち切りで合意したことを発表。ヘタフェから今季終了までのレンタル加入も正式発表され、「クラブは日本人選手(久保)に感謝し、スポーツキャリアの幸運祈っている」と声明を出した。

 久保はヘタフェ移籍で再び出場機会を掴むことができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング