元レアル戦士が現役続行も… 衝撃の“ぽっこり腹部”に反響 「注目を集めないのは不可能」

元オランダ代表MFロイストン・ドレンテ(※写真はスパルタ・ロッテルダム時代)【写真:Getty Images】
元オランダ代表MFロイストン・ドレンテ(※写真はスパルタ・ロッテルダム時代)【写真:Getty Images】

元オランダ代表MFドレンテ、新天地のスペイン4部ムルシアでの初練習で衝撃の姿

 かつて名門レアル・マドリードでプレーした経験を持つ元オランダ代表MFロイストン・ドレンテは、現地時間6日にテルセーラ(スペイン4部相当)に所属するラシン・ムルシアFCと契約を結んだ。昨季まで2年間はオランダ3部でプレーし、トップレベルからは遠ざかるなか、練習初日の“ぽっちゃり体型”を海外メディアが取り上げている。

 ドレンテは2005年にオランダ1部フェイエノールトでプロデビュー。1年目には元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)とチームメートだった。その後、2007年にレアルへ移籍となり、3年間プレーしたのちにスペイン、イングランド、ロシア、トルコ、UAEと渡り歩き2018年にオランダ2部のスパルタ・ロッテルダムへ。2019年からは同3部のコザッケン・ボーイズに所属し、今年1月にスペインの地へ再び舞い戻った。

 2017年に一度は現役引退を表明し、ラッパーとして活動するなど、異色のキャリアを歩んできたドレンテ。もともと身長167センチ・体重73キロと小柄な体だが、ムルシアでの初練習に現れた33歳の姿に注目が集まっている。

 スペイン紙「AS」は、「注目を集めないのは不可能:最初の練習でのドレンテの体」との見出しで特集。新たなチームメートに交じって汗を流すドレンテだが、お腹はぽっこりと出ており、体を絞り切れていない状態なのは一目瞭然で、「オランダ人は最高の状態(コンディション)で到着していない」と伝えている。

 同紙によれば、ドレンテは「3キロは減量しないといけない。僕は月曜日(4日)からダイエットをしている。冗談を言うために、ここ(ムルシア)にいるわけじゃない」と語ったという。

 また、記事ではドレンテがマルカのラジオ番組「El Partidazo」で4人の女性との間に計7人の子供がいて、現在は独身だと明かしたプライベートな情報も紹介されている。かつては、“白い巨人”の一員だった男は、新天地で輝きを取り戻せるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング