ボローニャ冨安、GKかわす“華麗”今季初ゴールで伊メディア高評価 「非常にうまい攻撃」

ボローニャDF冨安健洋がGKをかわして決めた今季初ゴール【写真:AP】
ボローニャDF冨安健洋がGKをかわして決めた今季初ゴール【写真:AP】

冨安は2-2で引き分けたアタランタ戦で今季初ゴールをマーク

 イタリア・セリエAのボローニャに所属の日本代表DF冨安健洋は、23日のリーグ戦アタランタ戦にフル出場。後半に今季初ゴールを決める活躍もあり、2-2で引き分けた試合後のイタリアメディアでは高評価だった。

 冨安は右サイドバックで出場すると、前半のうちにアタランタのFWルイス・ムリエルの2ゴールでビハインドとなったチームで反撃の狼煙を上げた。後半28分、右のインサイドでボールを持った冨安は、サイドに開いた味方選手とのワンツーで一気にインナーラップを仕掛けると、ペナルティーエリア内に進出して飛び出してくる相手GKをかわすシュートを決めた。

 その後、ボローニャは同点ゴールを奪ってUEFAチャンピオンズリーグ(CL)にも出場する相手に貴重な勝ち点1を得た。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は冨安を「6.5点」と採点し「初めてもともと彼のポジションだった右サイドバックで出場。攻守両面でチームに力を貸して、追いつくための貢献があった」と評した。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は冨安を「7点」の高評価で「ゴセンスは難しい対戦相手で侵入されることもあったが、試合終了から15分ほど前に彼は逆襲に出て非常にうまい攻撃を見せた」とした。

 これで年内の試合を終えたボローニャは14試合で勝ち点15の13位と、好成績とは言い難いが、後半戦にも冨安が最終ラインを支えることが期待される。そして、その起用されるポジションにも注目したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング