「エア・クリスティアーノ」再降臨 ロナウドの圧巻ヘディング弾に反響「驚異的な跳躍」

ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

パルマ戦でマーカー2人に挟まれながら豪華なヘディング弾でチーム2点目をゲット

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間19日に行われたセリエA第13節パルマ戦で2ゴールを挙げ、4-0の勝利に貢献した。打点の高い豪快なヘッドで決めた1点目に「エア・クリスティアーノ」「驚異的な跳躍」と、海外メディアも驚きを持って報じている。

 ユベントスは前半23分にスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキのゴールで先制すると、迎えたその3分後だった。2トップの一角で出場したスペイン代表FWアルバロ・モラタが左サイドから右足でゴール前へピンポイントのクロスを供給。ロナウドは身長189センチのポルトガル代表DFブルーノ・アルヴェス、身長180センチのスウェーデン代表DFリッカルド・ガリョーロに挟まれながら宙を舞うと、打点の高いヘッドで合わせ、ゴール左隅に豪快に突き刺した。

 相手GKが一歩も動けない一撃に、アルゼンチンメディア「infobae」は「エア・クリスティアーノ」と圧巻のジャンプと滞空力に注目。イタリアスポーツ専門メディア「Fanpage.it」も「驚異的な跳躍」と取り上げている。

 ロナウドは後半2分にも追加点を奪っており、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/32ゴール)を上回って2020年の欧州5大リーグで最多となる33ゴールに到達したという。

 来年2月には36歳となるが、ロナウドは衰えを感じさせずに進化を続けている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド