プレミア初得点の南野、“12月19日の偶然”に英紙注目 「契約して正確に1年だった」

リバプールでの初ゴールを記録した南野(左)【写真:Getty Images】
リバプールでの初ゴールを記録した南野(左)【写真:Getty Images】

リバプールはクリスタル・パレスに7-0の圧勝 先発抜擢の南野は前半3分に先制点奪取

 リバプールは現地時間19日、プレミアリーグ第14節でクリスタル・パレスと対戦。日本代表MF南野拓実はリーグ戦4試合ぶりの先発出場を飾り、3トップの一角に入ると、前半3分にリーグ戦初ゴールとなる先制点を奪った。英紙は「2019年12月19日→2020年12月19日」と投稿し、加入からちょうど1年でのメモリアルゴールに注目している。

 前節にトッテナムとの天王山を2-1で制したリバプールは首位に浮上。中2日で行われたクリスタル・パレス戦では、ここまで連続出場中で休息のなかったエースのサラーに代わって南野が左ウイングで起用され、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネとともに3トップを形成した。

 試合開始早々の前半3分、浮き球をペナルティーエリア右で収めたマネが相手守備陣に囲まれながらもボールをキープし、ゴール前へ横パス。構えていた南野がキックフェイントで相手DFをかわし、そのまま右足でゴール左隅へと流し込み、プレミア初ゴールを記録した。

 英地元紙「リバプール・エコー」は公式ツイッターに「2019年12月19日→2020年12月19日。南野がプレミア初ゴールを決めたのは、リバプールと契約してから正確に1年だった」と投稿している。

 南野は19年12月19日にザルツブルクからリバプールへの移籍が発表。それからちょうど1年後にリーグ戦初ゴールを挙げ、南野にとっては忘れられない記念日となったのは間違いないだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング