プレミア初ゴールの南野、英メディアは軒並み高評価 「危険な存在」「記憶に残る日に」

プレミア初ゴールを決めたリバプールFW南野拓実【写真:AP】
プレミア初ゴールを決めたリバプールFW南野拓実【写真:AP】

リバプールはクリスタル・パレスに7-0の圧勝 先発抜擢の南野が開始3分に先制点

 リバプールは19日、プレミアリーグ第14節でクリスタル・パレスと対戦し、7-0の圧勝を収めた。日本代表MF南野拓実はリーグ戦4試合ぶりの先発出場を飾り、3トップの一角に配置されたが、試合開始早々の前半3分にリーグ戦初ゴールとなる先制点を奪った。英メディアは先制点を奪った南野に、軒並み高評価を与えている。

 前節にトッテナムとの天王山を2-1で制したリバプールは首位に浮上。中2日で行われるクリスタル・パレス戦では、ここまで連続出場中で休息のなかったエースFWモハメド・サラーに代わって南野が起用され、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネとともに3トップを形成した。

 試合開始早々の前半3分、背後からの浮き球をペナルティーエリア右で収めたマネが、相手守備陣に囲まれながらもボールをキープし、ゴール前へ横パス。構えていた南野がキックフェイントで相手DFをかわし、そのまま右足でゴール左隅へと流し込み、待望のプレミア初ゴールを記録した。

 英メディアはクリスタル・パレス戦に出場したリバプールの選手を10点満点で採点。英地元紙「リバプール・エコー」は南野に8点の高評価を与え、「とても巧妙なプレミア初ゴールを決め、プレッシングにおいても危険な存在だった。後半も決定機を迎えた。活発な動きだった」と振り返っている。

 アイルランド紙「アイリッシュ・ミラー」は7点を与え、「プレミア初ゴールで記憶に残る日となった」と綴り、リバプール専門メディア「ROUSING THE KOP」は8点を与え、「プレミア初ゴールは自信へと変換された。リバプールで理想的なリスタートを切ることになるかもしれない」と指摘していた。南野のパフォーマンスに、英国メディアも熱視線を送っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング