「ソン・フンミンが逃げた時に…」 ベイルの“意地悪な野次”の反響が拡大「からかった」

トッテナムFWソン・フンミン(左)とFWベイル【写真:Getty Images】
トッテナムFWソン・フンミン(左)とFWベイル【写真:Getty Images】

トレーニング中のベイルとソン・フンミンのやりとりの反響が英国内で拡大

 ウェールズ代表FWギャレス・ベイルは今季、レアル・マドリードからトッテナムに期限付き移籍している。そんななか、トレーニング中にベイルが同僚の韓国代表FWソン・フンミンに対して野次を飛ばした一言への反響が英国内で拡大している。

 ジョゼ・モウリーニョ体制2シーズン目となった今季、トッテナムは11試合消化時点で首位に立っており、好調を維持するチームには良い雰囲気が流れているようだ。そのなかで英メディアはトレーニング中のワンシーンに注目している。

 飛んできたボールに対してソン・フンミンがキャッチを試みるも、取り損ねてファンブルしてしまう。すると、その様子を間近で見ていたベイルはソン・フンミンに向かって「カリウス!」と呼びかける。ベイルは2018年のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でリバプールと対戦した際、当時守護神を務めていた相手GKロリス・カリウスのミスもあり、2ゴールを奪っていた。

 英国内でベイルの一言が話題を呼んでおり、英紙「デイリー・ミラー」も「ベイルがソン・フンミンに対し、『カリウス』の野次でからかった」と見出しを打ち、「ソン・フンミンが逃げた時にベイルは意地悪く『カリウス!』と叫ぶのが聞こえる。ソンはベイルのほうを振り返り、笑顔を浮かべながらドリブルを行っていた」と説明。カリウスにとっては思わぬ飛び火となってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド