「タクミが強烈な記録を樹立」 南野の“最多数値”に英注目「リバプールのどの選手よりも…」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

南野がミッティラン戦で今季チーム内最多記録となるプレッシング回数をマーク

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節でミッティラン(デンマーク)と対戦し、敵地で1-1と引き分けた。先発フル出場の日本代表MF南野拓実は終了間際にゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の末、無念の取り消しに。そんななか、英メディアは「タクミ・ミナミノがミッティラン戦で強烈な記録を樹立した」と見出しを打って取り上げている。

 すでに首位突破を決定させているリバプールは、主力組の大半を温存する大幅なローテーションを採用し、南野はインサイドハーフで先発を飾った。試合は開始55秒にエジプト代表FWモハメド・サラーが電光石火の先制点をマーク。しかし、後半14分にVAR判定でミッティランにPKを献上し、同点とされる。

 1-1で迎えた後半43分、日本代表の背番号「10」に最大のチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内で途中出場のセネガル代表FWサディオ・マネの落としを拾った南野が右足で押し込み、劇的な決勝弾を奪ったかに思われた。しかし、再びVARが介入すると、直前のマネのプレーにハンドがあったとして取り消しとなった。

 南野にとって悔しい結末となったが、英メディア「READ Everything」は「タクミ・ミナミノがミッティラン戦で強烈な記録を樹立した」と見出しを打ち、「今季のリバプールのどの選手よりも1試合あたりで最多のプレッシングを記録した」と大々的に取り上げている。

 記事ではサッカー統計サイト「FBref」のデータを引用する形で、「オン・ザ・ボールでは比較的大人しかったが、非常に印象的な統計が目に留まった。この試合で記録した37回のプレッシングは、今季のリバプールでの最多記録だった」と説明。「サラー、マネ、ジョッタのような飛躍的なスピードはなく、フィルミーノほど強靭ではない。そのため、中盤起用が彼の最大値を引き出すことができるかもしれない」と今後の起用法に大きく影響する可能性を指摘していた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング