南野、今季初のフル出場も… 英紙はこぞって最低評価「ボールへの関与に苦戦を強いられた」

リバプールMF南野拓実は今季初スタメンも結果を残せず【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実は今季初スタメンも結果を残せず【写真:Getty Images】

リバプールはブライトンに1-1のドロー 南野は先発フル出場もインパクトを残せず

 リバプールは現地時間28日、プレミアリーグ第10節でブライトンと対戦し、1-1と引き分けた。日本代表MF南野拓実は今季初の先発フル出場を果たしたが、英メディアはこぞって最低評価を与え、「ボールへの関与に苦戦を強いられた」と存在感の希薄さを指摘されている。

 昨季リーグ王者のリバプールは前節、難敵レスター・シティ相手に3-0と快勝を収めた一方、南野は後半44分からの途中出場にとどまった。25日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節アタランタ戦(0-2)でも主力を休ませる温存策が採られたなかで、南野は後半40分から投入となった。

 過密日程を強いられている今季、南野はリーグ戦5試合の途中出場、出場時間も計56分間にとどまっていたが、ブライトン戦では今季リーグ戦初先発。4-3-3システムのインサイドハーフに配置された。ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが後半15分に先制点を奪うも、同アディショナルタイムにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入でPKを献上。土壇場で同点弾を決められた。

 英メディアはブライトン戦に出場したリバプール選手を10点満点で採点。英地元紙「リバプール・エコー」は南野に対し、最低タイとなる5点を与え、「中盤でプレーし、試合に入るためにハードワークしたが、後半に攻撃面の必要性を示したのは一度だけだった」と存在感の薄さを指摘している。

 また、英紙「デイリー・エクスプレス」も最低タイの4点を与え、「普段とは異なるポジションでプレーしたが、ボールへの関与に苦戦を強いられ、より高い位置でのプレーが必要だった。ミルナーのパスから良いランニングを見せたシーンもあったが、結果にはつながっていない」として、「ビッグチャンスの浪費を印象付けた」と断罪。ようやく巡ってきたアピールの場だったが、不完全燃焼に終わってしまったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング