バイエルンDFアラバ、最低年俸18億円で争奪戦へ レアル、バルサ、シティなど強豪クラブ名乗り

オーストリア代表DFダビド・アラバ【写真:AP】
オーストリア代表DFダビド・アラバ【写真:AP】

バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバが今季限りで退団の可能性

 今季限りでドイツ王者バイエルン・ミュンヘンとの契約が満了するオーストリア代表DFダビド・アラバを巡り、欧州のトップクラブが年俸1500万ユーロ(約18億円)を最低ラインに争奪戦を繰り広げる見込みだという。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

 アラバは2011年夏からバイエルンでプレーしている。2016年には契約を延長したが、それが21年夏で満了する。契約延長に応じる意思を示していないため、今季限りでの退団の可能性が高まっている。

 バイエルンの監督を現マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が務めていた時、同僚の元ドイツ代表FWフィリップ・ラーム(引退)とともにサイドバックの枠を超えたプレーエリアでのパスセンスなどを見せた。その役割は“アラバ・ロール”とも言われ、世界中でサイドバックのプレーに革命を起こしたといえる。

 そのアラバは現在28歳と、全盛期と言える状態でバイエルンの次のキャリアを選ぶことになる。年明けから契約満了の半年前となり他クラブと自由な交渉ができることになるが、当然ながら多くのビッグクラブが獲得に乗り出すとした。

 現時点でイタリア王者ユベントス、スペインの強豪レアル・マドリードとバルセロナ、そしてグアルディオラ監督が率いるシティが獲得に動くこと確実で、移籍金ゼロで獲得できることからその予算を年俸にも回せる。そのため、1500万ユーロを最低ラインに条件交渉が行われる見込みだとした。

 バイエルンのウリ・ヘーネス会長はアラバとの契約延長について「強欲な代理人がいる」と、高額年俸を求める代理人の存在を示唆して批判していたが、移籍金が必要ないという状況は好条件を引き出すためには最高の環境になりそうだ。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング