東京五輪世代MF、52.97mの圧巻“ハーフウェーライン弾”に海外衝撃 「魔法だ」

湘南ベルマーレMF齊藤未月【写真:小林 靖】
湘南ベルマーレMF齊藤未月【写真:小林 靖】

21歳の湘南MF齊藤未月、2015年以降のJ1では2番目に長距離のロングシュート弾に成功

 湘南ベルマーレのMF齊藤未月は、15日に行われたJリーグ第27節ヴィッセル神戸戦でハーフウェーラインから50m超のロングシュートを叩き込み、2-0の勝利に貢献した。海外ファンからも「魔法だ」「フライングドライブシュート」など感嘆の声が上がっている。

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらを擁する神戸と敵地で対戦した湘南は、前半から積極的なゲームを展開すると、後半33分に華麗なパスワークから最後はDF岡本拓也が右足を振り抜き先制。ホームの神戸が前がかりに攻めてくるなか、同39分に驚愕のスーパーゴールが決まった。

 神戸がビルドアップするなか、左サイドのハーフウェーライン付近で元日本代表DF酒井高徳がパスを受けた瞬間に、齊藤が距離を詰めてボール奪取。ルックアップして相手GK飯倉大樹が前に出ていることを確認すると、間髪入れずに右足を振り抜いた。高く上がったシュートは飯倉の頭上を越えてそのままゴールへ。50メートル以上の距離から驚愕の“ハーフウェーライン弾”を叩き込んだ。

 データ分析会社「オプタ」によれば、齊藤の一撃は2015年シーズン以降ではJ1で2番目に長い52.97m(1位はMF藤本淳吾の53.06m)を記録。Jリーグ公式ツイッター英語版が「なんてゴールだ! 信じられないほどの長距離弾!」と綴ると、海外ファンからも「魔法だ」「フライングドライブシュート」「素晴らしい50mロブ弾」と驚きの声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング