愛犬はどこ? 浦和DF槙野智章、“モフモフ”な大集合動画に反響「可愛すぎます」

浦和DF槙野智章【写真:高橋学】
浦和DF槙野智章【写真:高橋学】

愛犬と同じ犬種「ビション・フリーゼ」の会に参加したことをSNSで報告

 浦和レッズのDF槙野智章が自身の公式インスタグラムを更新し、愛犬の「ぱんちゃん」とともにイベントに参加したことを報告。投稿された動画では、槙野が20匹以上の愛犬と同じ犬種「ビション・フリーゼ」に囲まれており、コメント欄には「可愛すぎます」「こんだけ居たら壮観」などの声が上がっている。

 槙野は今季、J1リーグ開幕直後は出場機会に恵まれなかったものの、第10節サンフレッチェ広島戦(1-0)以降は18試合連続で先発フル出場中。ここまで22試合に出場し1得点の成績を収めている。チームも6戦無敗(3勝3分)と調子が上向くなか、槙野はリーグ終盤戦に向けてリフレッシュできたようだ。

「横浜で開催されたビションフリーゼの会に参加しました」と綴り、1本の動画を公開。これまで何度かSNSにも登場した愛犬「ぱんちゃん」とともに、同じ犬種が集まるイベントに参加したようだ。ハッシュタグで「#モフモフ」と綴ったように、ふわふわの白い毛が特徴のビション・フリーゼが集結したなか、槙野は両手に数えきれないほどのリードを持ち、20匹以上の犬とともに笑顔で記念撮影に応じた。

 この光景に、コメント欄には「こんだけ居たら壮観」「幸せな時間ですね」「集まるとますます可愛い」「犬使い槙野さん」「可愛すぎます」といった声のほか、槙野の愛犬との見分けがつかず「ぱんちゃんどれですか?」という反応も寄せられていた。

「たくさん友達出来ました!! ぱんちゃんも喜んでたなぁ」とも綴った槙野。愛犬とともに、束の間の休息を満喫したようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング