「日本人の味方」 南野拓実とマネ、笑顔の“ほっこり”2ショットに反響「ずっと見てたい」

リバプールMF南野拓実が同僚マネと2ショットで笑顔【写真:AP】
リバプールMF南野拓実が同僚マネと2ショットで笑顔【写真:AP】

リバプール公式SNSが練習中の2人を捉えた写真2枚を投稿

 日本代表MF南野拓実は今年1月にリバプールへ加入し、プレミアリーグ王者で2シーズン目を戦っている。欧州屈指の選手層を誇るビッグクラブで熾烈なポジション争いを繰り広げている一方、日々のトレーニングではチームメートとリラックスした時間も過ごせているようだ。リバプール公式ツイッター日本語版が、セネガル代表FWサディオ・マネとの笑顔の2ショットを公開すると、「日本人の味方」「人格者」などファンから反響を呼んでいる。

 今季の南野は、シーズン開幕前に行われたコミュニティ・シールドのアーセナル戦(1-1/PK5-6)で、リバプールでの公式戦初ゴールを決めると、カラバオカップ3回戦のリンカーン・シティ戦でも2得点1アシストと活躍。一方、プレミアリーグではポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタの加入もあって思うように出場機会を得られず、ここまで無得点となっている。

 現地時間10月31日に行われたプレミア第7節ウェストハム戦(2-1)では出番なしに終わったなか、クラブ公式ツイッター日本語版はトレーニング中の一コマを写した写真を公開。10番を背負うマネが南野の左腕を掴みながらじゃれ合う姿と、笑顔で腕を組みながら話をしている様子を捉えた2枚の写真を投稿し、「ほっこり」との一言を添えた。

 これに対しファンは、返信欄や引用ツイートで反応。「笑顔最強」「こんな写真をずっと見てたい」といった声のほか、「マネは人格者」「これだけでもマネの良さがわかる」「日本人の味方マネ」「二人とも元ザルツブルクだから意気投合できたのかも」など、これまでも南野と頻繁に交流し、サウサンプトン時代には日本代表DF吉田麻也(サンプドリア)ともチームメートだったマネを称えるコメントも目立っていた。

 3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のアタランタ戦(5-0)でも、公式戦2試合連続の出番なしに終わった南野。巻き返しに期待したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング