「歴史の重みを肩に背負っている」 レアル、不名誉な記録更新に“王手”…CLホーム3戦未勝利中

レアルはCLで苦戦している【写真:Getty Images】
レアルはCLで苦戦している【写真:Getty Images】

現地時間3日にCLインテル戦を迎えるレアル グループステージは最下位の崖っぷち

 レアル・マドリードは今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で1分1敗のスロースタートとなった。運命を左右する現地時間3日の第3節インテル戦を前に、スペイン紙「マルカ」は「レアル・マドリードがネガティブな記録の回避を目指す」と特集している。

 その記録というのは、CLでのホームゲーム連続未勝利記録だ。昨季CLグループステージ第5節のパリ・サンジェルマン戦(2-2)から、ベスト16第1戦のマンチェスター・シティ戦(1-2)、直近のシャフタール・ドネツク戦(2-3)と現在3戦連続で白星から遠ざかっており、インテル戦ではこの不名誉なクラブワースト記録を更新してしまう可能性がある。

 同紙は「火曜日のインテル戦を前にして、現在のチームはクラブに歴史の重みをその肩に背負っている」と重圧の大きさを報じている。過去にも3度、3戦連続未勝利という状況を迎えていたが、いずれも4試合目でその記録に終止符を打っていた。

 今季はリーガ第6節で昇格組のカディスに、CL第1節でシャフタールに敗れるなど序盤戦から大きく躓いたレアル。バルセロナのエル・クラシコに勝利して面目を保つも、CLではボルシアMG相手にも2-2の引き分けに終わり、2節を終えた時点でグループステージ最下位と崖っぷちに立たされている。

 難敵インテルとの一戦では、クラブ史上初のCLグループステージ敗退の危機から抜け出すとともに、ホームゲーム連続未勝利のワースト記録更新を回避することができるだろうか。

【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング