南野は「ボスの中で評価を高めている」 英紙が今節シェフィールド戦で先発と予想

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リーグ戦で2試合未勝利のリバプール、英紙は南野の先発出場を予想

 リバプールは現地時間24日、プレミアリーグ第6節でシェフィールド・ユナイテッドとの対戦を控えている。英メディアはブラジル代表FWロベルト・フィルミーノではなく南野の先発抜擢を予想しており、「最近ボスの中で評価を高めている」と太鼓判を押している。

 昨季は圧倒的な強さで30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだが、第5節エバートン戦(2-2)で守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが、右膝前十字靱帯損傷の重傷を負うアクシデントが発生。シーズン序盤にして、リーグ連覇へ暗雲が立ち込めている。

 21日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦アヤックス戦(1-0)では、中盤のアンカーを主戦場とするブラジル代表MFファビーニョがファン・ダイクの代役として最終ラインに入ったが、今後もメンバーのテコ入れがされる可能性は高い。そうしたなかで英紙「インディペンデント」は、シェフィールド戦の先発を予想しており、南野がスタメンに抜擢されるとの見解を示している。

 4-3-3システムで、センターバック(CB)にはアヤックス戦と同様にファビーニョがスライドし、アンカーには負傷明けのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを配置。そして最前線には南野の抜擢を予想し、「最近ボスの中で評価を高めている」と指摘している。

 リバプールは開幕からリーグ3連勝を飾っていたものの、第4節アストン・ビラ戦では2-7と歴史的惨敗を喫し、第5節ではエバートンに2-2と引き分け2試合連続で白星から遠ざかっている。勝ち点3がノルマとなるシェフィールド戦で、南野に先発のチャンスは訪れるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング