「レアルの未来は保証」 久保建英、1得点2アシストの活躍を現地称賛「最も有望で…」

スィヴァススポル戦に移籍後初の先発フル出場を果たしたMF久保建英【写真:Getty Images】
スィヴァススポル戦に移籍後初の先発フル出場を果たしたMF久保建英【写真:Getty Images】

今季初先発のEL初戦で活躍した久保 「そう遠くない未来にスターとなる」

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間22日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のスィヴァススポル戦に移籍後初の先発フル出場を果たし、公式戦初ゴールを含む1得点2アシストの活躍を披露。5-3の勝利の立役者となった。レアル・マドリード専門メディアは「試合後、マドリードはタケ・クボに電話した」と取り上げている。

 久保は今季レアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍を果たしたが、リーガ・エスパニョーラ開幕から6試合連続でベンチスタートとなっていた。しかし、EL初戦となるスィヴァススポル戦では4-2-3-1のトップ下で先発に抜擢されると、前半13分にMFサムエル・チュクウェゼのシュートのこぼれ球を押し込み待望の公式戦初得点を奪った。

 さらに前半20分、ペナルティーエリア手前でパスを受けた久保がワントラップから左足アウトサイドの絶妙なラストパスを通し、FWカルロス・バッカの追加点を演出した。その後、立て続けに失点し同点とされるも、2-2で迎えた後半12分、左CKのキッカーを務めた久保がアウトスイングの鋭いクロスを送り、DFフアン・フォイスのヘディング弾をアシスト。最終的にビジャレアルが5-3で打ち合いを制した。

 この結果を受けてレアル専門メディア「Defensa Central」は、「試合後、マドリードはタケ・クボとブラヒムに電話した」と見出しを打ち、ELで結果を残した久保とブラヒム・ディアス(ACミラン)に保有元レアルが連絡を入れていたと指摘。「レアルの未来は保証されている。現在の市場において最も有望で、最高の若者を信頼できることを幸運に感じている」と、レンタル組の活躍を称えている。

 さらに「久保やブラヒムは未来を保証する以上の存在だ。ジダンの元生徒はどちらも、そう遠くない未来にスターとなる正しい道を歩んでいる」と惜しみない賛辞を送っていた。来季以降のレアル復帰を目指す久保だが、クラブも日本人アタッカーの活躍を注視している様子だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング