久保建英、1得点2アシストで“序列”に変化は? スタメン奪取へ“野心”吐露「どの選手も…」

スィヴァススポル戦にスタメン出場し、1ゴール2アシストを記録したMF久保建英【写真:Getty Images】
スィヴァススポル戦にスタメン出場し、1ゴール2アシストを記録したMF久保建英【写真:Getty Images】

ELスィヴァススポル戦で3得点に絡む活躍、試合後にスペイン語で胸の内を吐露

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英が、UEFAヨーロッパリーグ(EL)初陣で大きなインパクトを残した。グループステージ第1節スィヴァススポル戦に先発フル出場。1ゴール2アシストの大活躍を見せ、5-3の勝利に大きく貢献した。スペイン紙「マルカ」は、久保が試合後のフラッシュインタビューで野心的な言葉を残したと報じている。

 ここまでリーガ・エスパニョーラでは開幕から試合終盤の出場が続いていた久保。この日は、その鬱憤を晴らすかのような90分間だった。

 前半13分にナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼが放ったシュートがこぼれたところを押し込み、移籍後初ゴールをゲット。その7分後には右サイドからの展開を鮮やかなトラップからスルーパスを送り、コロンビア代表FWカルロス・バッカの追加点をアシストした。

 前半でスィヴァススポルに2点を返され同点に追いつかれたものの、後半12分に久保が再び輝きを放つ。左CKのキッカーを務めると、左足でアウトスイングの鋭いクロスを供給。これをDFフアン・フォイスがヘディングシュートで合わせ、この日2アシスト目を記録した。

 試合はその後、再び相手に追いつかれる展開となるも、途中出場のスペイン代表FWパコ・アルカセルの2得点によってビジャレアルが突き放し勝ち点3を得た。久保にとっても、この勝利は手応えのあるものとなったようだ。試合後にスペイン語で、このように答えている

「僕は個人としてもチームとしても満足しているし、ここからさらに積み重ねることができると思います。もちろん、どの選手も先発出場したいと思っていますし、たくさんの競争があります。積み重ねることはできました。週末に何が起きるか、見ていきたいと思います」

 ビジャレアルは得点源のスペイン代表FWジェラール・モレノが負傷離脱し、久保にかかる期待値は高くなっている。その大事な一戦で残した大きな結果が、ウナイ・エメリ監督の考える序列を大きく動かす可能性も出てくるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング