南野は何か起こしてくれる!? 英記者が“雰囲気”称賛「フィルミーノの良い競争相手になれる」

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

30分間の出場時間ながら、ジョッタら周囲の選手たちと上手く連動してプレー

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦アヤックス(オランダ)戦で後半途中から出場し、前線からのプレスと果敢に攻撃に絡む姿勢でアピールした。英記者は「フィルミーノの良い競争相手になれる選手」と、改めてそのポテンシャルを評価している。

 リバプールはエジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネの3トップでスタート。なかなかアヤックスの守備を崩せないなか、前半35分にマネがカットインからペナルティーエリア内で強引にシュートを放ち、相手のオウンゴールを誘うラッキーな形で先制点を手にした。

 前半44分、失点の大ピンチをファビーニョの神懸かり的なスーパークリアで前半をリードして折り返したなか、後半15分にユルゲン・クロップ監督は大胆な交代策に出る。

 南野、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、スイス代表MFジェルダン・シャキリの同時投入で3トップを“総入れ替え”。センターフォワードに入った南野は、後半25分に軽快なターンを経てペナルティーエリア外左45度から果敢に右足を一閃。ややブレながらのシュートは相手GKのセーブに遭い、ゴールはならなかった。

 その後も、前線からのプレスと、ビルドアップに絡みながら時に左サイドを突破して中央へ折り返すなど、攻守の局面で何度も顔を出した南野。ゴールやアシストの結果は残せなかったが、ジョッタやシャキリとの連係プレーもあり、途中出場でチームを活性化した。

 リバプール専門ポッドキャスト「The Anfield Wrap」の所属するフットボールライターで、英衛星放送「BTスポーツ」や英公共放送「BBC」にも寄稿するリアン・プレスコット氏は、自身のツイッターで南野を高く評価している。

「ミナミノがまた途中出場で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。チームメートの動きをしっかりと把握し、自分で決断してプレーすることを恐れず、何かを起こしてくれそうな雰囲気がある。(リバプールの)プレースタイルを変えることなく、(自分のスタイルのまま)フィルミーノの良い競争相手になれる選手だ」

 フィルミーノの牙城を崩すのは簡単ではないとはいえ、南野がライバル候補になり得るポテンシャルを秘めていると改めて証明するには、十分なパフォーマンスだったようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング