「スタメン約束はでけへん?」 カディス日本版SNS、次戦久保の先発を“おねだり”…ユニークな投稿話題

ビジャレアルでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】

“関西弁”で投稿のカディス公式ツイッター日本語版に大反響 「もしもし、ビジャレアルさん?」

 日本代表MF久保建英が所属するビジャレアルは現地時間25日にリーガ・エスパニョーラ第7節カディス戦を迎える。暫定2位のビジャレアルを相手にするカディスは、久保との対戦を心待ちにしているようだ。日本語版ツイッターが、話題となっている。

 ビジャレアルは現地時間18日にリーガ・エスパニョーラ第6節でバレンシアとホームで“ダービー”を戦った。エースのFWジェラール・モレノがスペイン代表参加中に負傷したが、久保は6試合連続のベンチスタート。負傷したDFペルビス・エストゥピニャンとG・モレノに代えて、MFアルフォンソ・ペドラサとMFサムエル・チュクウェゼが先発復帰した。久保は1-1の同19分にチュクウェゼとの交代でピッチに入ると、同24分に決勝点を演出。MFモイ・ゴメスのパスをトラップミスした後、上手くかかとで後ろに流したボールからパレホが決勝点を挙げた。

 アシストはつかなかったものの、今季初めて得点に絡んだ久保だったが、この一戦で後半27分に足を上げ、相手DFの側頭部を蹴り1枚目のイエローカードをもらうと、後半アディショナルタイムにルーズボールの競り合いの際にスライディングタックルでボールに先に触るも、その後に足裏が相手の大腿部に入り2枚目のイエローカードを出され、プロキャリア初の退場となった。

 だが21日に、スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会が声明を発表。久保の2枚目のイエローカードは取り消しとなり、カディス戦への出場が可能となった。

 これに反応したのがカディスの日本語版ツイッター。ユニークな投稿で久保のスタメンを“お願い”している。

「(もしもし、ビジャレアルさん?ちょっとお願いあるんやけど、、そう、次の試合な、久保くん出場停止なくなったやん?そろそろ、、え?スタメン約束はでけへん?そんなんわかってるよー。でもな、なんで24時キックオフって日本で観やすい時間かわかるやろ?イエローサブマリン仲間?なんやし。。な?)」

 日本で人気の高い久保をリスペクトしつつ、対戦を心待ちにしているよう。2枚目のイエロー取り消しについても「わっしょーーーーーい」と喜びをあらわにしており、練習中のアルバロ・セルベラ監督の写真を投稿し「そこーっもっと寄せんとタケクボぐいぐいきよるで、ほんま、、 #カディスCF #監督の声 #知らんけど」と、関西弁で警戒していた。

 前節、レアル・マドリードに1-0で勝利を収めたカディス。日本のファンも「ビジャレアルも日本語作って対抗して欲しいw」「これで次戦は日本人の関心がUP」「カディスさん。好きやで」と大きな反響を寄せている。久保にとって重要な一戦となるカディス戦、相手も対戦を待ちわびているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング