「新しいファン・ダイクだ」 “代役”ファビーニョ、ゴールライン上の超絶クリアが反響拡大

アヤックス戦にセンターバックとして出場したファビーニョ【写真:Getty Images】
アヤックス戦にセンターバックとして出場したファビーニョ【写真:Getty Images】

前半44分、無人のゴールに向かうシュートを素早く帰陣してゴールライン上で神クリア

 リバプールのブラジル代表MFファビーニョは、現地時間21日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦アヤックス(オランダ)戦にフル出場。無人のゴールに向かったシュートを回り込んで阻止する“神クリア”の反響が拡大している。

 リバプールは17日のプレミアリーグ第5節エバートン戦(2-2)で、守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが相手GKとの接触により右膝を負傷。前十字靱帯の損傷と診断され、手術による長期離脱が決定的となった。ファン・ダイク離脱後初戦のアヤックス戦、ユルゲン・クロップ監督はセンターバック(CB)にファビーニョとイングランド代表DFジョー・ゴメスを起用して臨んだ。

 前半35分、リバプールはセネガル代表FWサディオ・マネがドリブルでペナルティーエリア内に侵入。強引にシュートを放つと、ボールはアヤックスDFニコラス・タグリアフィコの足に当たってコースが変わり、相手のオウンゴールでラッキーな形で先制点を手にした。

 ホームのアヤックスに攻め込まれる苦しい場面もあるなか、リバプールを救ったのがファビーニョだった。

 前半44分、後方からのロングフィードに抜け出したアヤックスのセルビア代表FWドゥシャン・タディッチが狙いすましたループシュート。GKアドリアンが頭上を破られるも、帰陣したファビーニョがゴールライン際で間一髪オーバーヘッドでクリアし、なんとかピンチをしのいだ。

 オーストラリアメディア「news.com.au」が「ファビーニョは新しいファン・ダイクだ」と伝えれば、ポーランドメディア「SPORT.PL」も「ファン・ダイクに代わってヒーローへ。ファビーニョの奇跡のクリア」と称賛。さらに、英紙「テレグラフ」もファビーニョを「ゴールラインの英雄」と表現してスーパークリアを伝えている。

 クロップ監督は試合後、ファビーニョについて「良かったが、もっと上手くプレーできる。彼のプレーに驚きはない。今夜は彼に自信を与えてくれた」と語った。ファン・ダイクの離脱でリバプールには多くの懸念が囁かれたが、ファビーニョの活躍は一つの光をもたらすものだったと言っていいだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング